おせちを重箱に詰めるのが一般的になったのは昭和から

おせちを重箱に詰めるのが一般的になったのは昭和から

おせちは、「御節供(おせちく)」の略で、中国から伝わった五節句に由来するといわれます。
この五節句の行事として、奈良時代に宮廷の祝いの宴、節会(せちえ)が行われ、供えられた供御を節供(せちく)と言ったのです。



現在のような重箱に詰めるものではなく、高盛りに盛り付けられたといわれます。

この習慣はやがて一般庶民にも広まっていったのです。

本来は五節句のお祝いの料理すべてを「御節供(おせちく)」としていましたが、やがて最も重要とされる正月料理を指すようになったのです。



江戸時代には江戸では「食積(くいつみ)」、関西では「蓬莱飾り」、九州では「手懸け盛り」と呼ばれ、正月にやってくる来方神、年神様に供える新年の祝い膳として三方などで床の間に飾り、年始に客に振る舞ったり家族で食べたのです。


重箱におせち料理を詰めることが一般的になったのは、第二次大戦後の昭和に入ってからで、デパートなどで販売するときに見栄えが良い重箱詰めが採用されたためともいわれます。



また江戸時代に本格的な高級料理を提供していた、料理茶屋の影響によるという説もあるのです。

おせち料理を重箱に詰めるのは、幸せを重ねるという意味が込められており、一の重の詰められる「祝い肴三種、口取り」、二の重に詰められる「焼き物」、三の重の「酢の物」、与の重の「煮物」は地域によって違いがありますが、それぞれにいわれやお目出たい意味があるのです。


味が濃く、酢につけるなど日持ちする料理が多いのは、年神様を迎え神様とともに食べる雑煮を作る以外が煮炊きをできるだけ避けるという風習からとも、正月に女性を家事から解放するためという説もあるのです。