おせち料理の由来と縁起

おせち料理の由来と縁起

おせちとは、お節料理と書かれ、元来は、季節の変わり目である五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽をさす)に神に供える料理を広くおせちといったものです、この五節句のうち人日は、元旦のお祝いと兼ねている為、盛大にお祝いされるようになったこともルーツとされています。

お正月におせち料理を食べるのは、神様にお供えしたご馳走をみんなでいただくと共に、神様を迎えている間は、煮炊きを慎むと言う意味もあります。伝統的なおせち料理は、一の重から与の重(四は死を連想させるため、与に言い換えられてとされています。

)までの四段重でしたが、現在では三段重が一般となっています。


料理の内容や詰め方には、地方によって多少違いがありますが、一の重には、口取り、祝い肴ということから、昆布巻き、紅白かまぼこ、黒豆、伊達巻、栗きんとん、数の子、田作りなどが入れられます。



二の重には、焼き魚、酢の物ということから、鯛などの焼き魚、なます、魚の酢じめなどが入れられます。三の重には、煮物ということで、根菜類の煮しめなどが入れられます。



他にも、四隅を空けない、品数は奇数になるようになどを気にしながら、彩りよく詰め合わせます。

詰め方にも、縦横均等に区切った、日本の古典柄「市松模様」を模様した市松詰め、幸せが中央から八方に広がるように願いを込めた詰め方の八方詰め、重箱を祝いの席で使用する「升」、お酒を飲む「枡」に見立てたものから枡形などあり、自分で作るおせち料理にあった物を詰め方を見つけて見ましょう。